茨城県|鉾田市|さつまいも 鬼澤俊行

あま~くて 風味豊かなさつまいもを育てています。撮影:2017/10/31

鬼澤農園の特徴(こだわり)について

土づくり

 土には2年間熟成させた堆肥を入れています。堆肥を使い方には長年の経験が必要です。 以前、堆肥を入れすぎて芋が甘く柔らかくなりすぎるという苦い経験があります。 その芋はとても甘いが長持ちせず腐りやすかった。
 その時の苦い経験から、試行錯誤を繰り返し現在に至っているのです。 市場価値のある商品としては形の良いいもが要求されます。 しかし形のいいボケ芋を作るのは簡単なんです。形の良だけにこだわって作るなら 化学肥料の配分をチッソを増やして5-10-10でやるのが手っ取り早い。
 しかし、私は3-10-10でやってます。 それは形の良い芋より締まった芋を作りたいからです。 締まった芋のほうが繊維が細かいような気がするんです。 甘さだけでなく、さつま芋の風味、食感がいいんです。

Sample Cake Shop

植物由来の材料のみで2年間熟成させた堆肥

Sample Cake Shop

植物由来の材料のみで2年間熟成させた堆肥

苗作り

苗用の種いもは大きいものを使います。
しっかり育った苗だけを使います。

Sample Cake Shop

ビニールハウスで苗を育てまもまく植え付け

除草剤を使わない草拾い

ほとんどのさつまいも農家は専用の除草剤を使い広大な農地の除草を行っています。 除草剤は農薬です人にも土に良くないと分かっていても市場価値の高い形と大きさのさつまいもを沢山作るためには仕方ないのかもしれません。
しかし当農園では除草剤を一切使わず手作業で1本づつ草を抜き続けています。除草に関しては親父に言われたとおりやってます。「家族にも、安心して食べさせることができる農産物を作ってます」「安心して食べられる食材が欲しい」と望まれる消費者の皆さまにはご理解いただけると思います。

Sample Cake Shop

できるだけ長く土の中に入れておく

一日でも長く土の中に入れておくことで土からの栄養と太陽からの養分を十分に吸収させることにこだわっています。
早く育ててうまいサツマイモができるわけがないというのが私の考えです。

Sample Cake Shop

貯蔵方法

定温貯蔵は13.5度に設定しています。
貯蔵の温度と湿度がとても重要です

Sample Cake Shop

洗浄・箱詰め・出荷準備

鬼ちゃんマークの箱に入れて出荷待ちの段階です。
1パレット110箱540kg

Sample Cake Shop
栽培方法
Sample Cake Shop

営業時間

月~金 10:00~17:00
(昼休み 11:30-12:30)
休業:土・日・不定期

住所・連絡先

茨城県鉾田市玉田1046-6
TEL/FAX 0291-37-1007

FAX予約制

ご用件・お名前・連絡先をFAXでお知らせください。 農作業・洗浄・箱詰め作業を並行して行っており手が離せない場合があります。
FAX受付後改めましてこちらからお電話いたします。ご予約を頂ければ休業日でも対応可能です。

↑ PAGE TOP